パークゴルフ オリジナルクラブ製造・販売

有限会社ピポット

〒089-0544 北海道中川郡幕別町札内若草町551-56

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

問合せ無料相談実施中

お気軽にお問合せください

パークゴルフ ルール

Ⅰ.スタート前後

ルールを守って楽しくプレーしましょう。

競技大会前にコースで練習をした。
ペナルティなし
(競技開始後のコース内での練習は失格となる場合があります。)

Ⅱ.ティグランド周辺

1打目を打つときにはティ・アップをして打ちますが、打つ範囲が決められており、その区域をティ・グラウンドといいます。

1.ティ・グラウンドから外れて打った

第1打目を打つときにはティ・アップをして打ちますが、打つ範囲が決められており、その区域をティ・グラウンドといいます。

このティ・グラウンド外から打った場合は2打加算のペナルティとなります。

よくティ・グラウンドを確認してから打つようにしましょう。
2.ティ・マーク(ライン)の外で打った

ティ・グラウンドにはティ・マークかラインがあります。ボールをティ・アップするときはマークかラインの内側にします。
このティ・マークかラインの外にティ・アップして打った場合は2打加算のペナルティとなります。  打つ前に同伴者が注意してあげましょう。

3.プレーの打順を間違えて打った

スタートの順番は、最初のホールはジャンケンで決めますが、その後の打順は前のホールのスコアの良い人から打ちます。
もし打順を間違えても、ペナルティになりません。
気持ち良くプレーするためにも打順を間違えないように注意しましょう。

4.アドレス(1打目)の時ティからボールを落とした。

あわてずもう一度やり直せます

アドレスをした時に、クラブにボールを当ててしまい動いてティからボールが落ちた場合は、ペナルティなしでティ・アップをし直して打ちます。

 

 

5.素振りで間違えてボールに当たってしまった

空振りにペナルテイはありません

素振りや空振りの風圧でも、ボールが動いてしまったら1打加算されます。

ただし、何回空振りしてもボールが動かなければ加算されることはありません。

 

Ⅲ.2打目以降
第2打以降はホール(カップ)から遠い順に声をかけ合って打ちます

1.アドレスのときにボールが動いた

ボールに触ってはいけません


アドレス中にボールが動いたときは、ボールを打ったことになり1打に数えます。

2.空振りしたがボールは動かなかった
ティ・グラウンドと同様に、ただの空振りは1打に数えません。動いたときは1打とします。

 

ボールに触ったり動かしてはいけません

3.ボールに触れたり位置を変えて打った 
ボールはあるがままの状態でプレーするのが基本です。
打ちやすいところに出して打つなど、ボールに手や足で触れると2打罰のペナルティとなります。
その時は、ボールの止まっているところからプレーを続けます。

4.コースから枯葉や小石を除去した
コース上の枯れ葉や小石、木の枝、虫、さらにバンカーならしなどの動かせる障害物を
ルース・インペディメントといいます。
それらは、コースから取り除いてもペナルティとはなりません。
また、ルース・インペディメントを除去してボールが動いても罰打はなく、元の位置に戻してプレーを続けます。 

5.マークについて

他の人の邪魔になる時はマークを

第2打以降で他の人のボールが邪魔になる場合は、マークをして一時的にボールをよけてもらうことができます。マークするときはカップとボールを結ぶ線上で、ボールのすぐ後ろにマークしてからボールを取り除きます。
カップから1クラブ以内程度であれば、自発的にマークするか、「お先に」と声をかけてカップインします。 

 

ボールを戻さないとペナルティ

ボールを元に戻さずに打ったら・・・

同伴者に頼んでボールの位置をずらしてマークしてもらったが、その同伴者が元に戻さずにパットした場合は2打のペナルティとなります。

ボールの止まっているところから次打を打ちます。

 

6.アンプレアブルを宣言

アンプレアブルとは、ボールが障害物などによりプレーを続行することが不可能なときに宣言します。
例えば、木の根本や木の枝や茂みの下、さらにネットの障害などがありますが、この場面は2打加算して2クラブ以内にボールを置き直して(プレース)プレーを続行します。
その際、ホールに近づけて置いてはいけません。

7.除去できないもの

〇草をむしったり踏みつけた
ボールが深いラフ(草)に入ったときに、草を踏みつけたりむしったり、クラブのソールで何度も押さえつけたりすると2打加算のペナルティとなります。アンプレアブルを宣言するようにします。

○枝を折ってしまった
木の枝を曲げ折る、他人の助けを借りるなどの場合も
樹木の保護を優先しアンプレアブルを宣言するようにします。 

〇ネットの裏から打った
OB杭やネットが障害となったときも、ネットとともに裏から打つと2打のペナルティとなります。そのまま打つかアンプレアブルを宣言します。  

〇普通とは違うクラブの使い方をした

ボールをクラブで"押し出す" "すくい上げる" "引き出す"など通常の打ち方でない不正打ちをするとペナルティとなります。
その場合は2打加算してプレーを続けます。

8.同伴者のボールに自分のボールを当てた

同伴者のボールは元の位置に戻しますよう

ペナルティーはありません。

同伴者のボールを元の位置に戻し、自分のボールは止まった位置からそのままプレーを続けます。 

9.ボールを2度打ちした

同伴者のボールは元の位置に戻しますよう

ボールを2度打ちしてしまった場合は、2打加算のペナルティとなります。

 

10.ボールを紛失した

新しいボールでプレーします。

打ったボールを紛失した場合は、2打加算して紛失したと思われる位置に新しいボールを置いてプレーを続行します。

11.誤って他人のボールを打った

誤球に気をつけましょう。

ボールの区別がつかず誤って打ってしまったときは、2打加算のペナルティとなります。

あらためて自分のボールを打ち、相手のボールは元の位置に戻しプレーを続行します。 

12.ボールが同伴者の体に当たった

安全を確認しましょう。

ペナルティとはなりませんが、危険ですから十分に注意しましょう。

13.跳ね返ったボールが自分に当たった

安全を確認しましょう。

ボールが木にぶつかり跳ね返って身体の一部に当たった場合は、2打加算のペナルティとなります。ボールが止まった位置からプレーを続けます。

14.カップラインの上を押さえた

ペナルティです。

カップまでのラインの凹凸をクラブのソール(底)で押さえつけたときは、2打加算のペナルティとなります。

パークゴルフではあるがままに打つことが原則です。

15.ボールが地面に食い込んだ

同伴者の了解が必要です。

やわらかい地面にボールがくいこんで打てないときは、同伴者の了承を得てからカップに近づかない位置に移動してプレーを続行します。

その場合のペナルティはありません。 

 

16.ボールが痛んだので同伴者に黙って取り替えた

同伴者の了解が必要です。

ボールが割れたり傷ついたりしたときは、同伴者の了解を得てから取り替えることができます。

この場合ペナルティはありませんが、了解なしの場合は2打加算のペナルティとなります。 

 

 

17.プレー中に汚れたボールを拭いた

ペナルティです。

どんなに汚れていてもプレー中にボールを拭くことはできません。

その場合は2打加算のペナルティとなります。

しかし、OBやアンプレアブルになったボールを置き直すときやカジュアル・ウォーター(一時的な水たまり)に入ったボールを移動させるとき、
またはマークを依頼されてボールを拾い上げたときは
ペナルティとはなりません。  

 

18.バンカーの砂ならしをした

ペナルティです。

ショットをする前に砂をならしたときは2打加算のペナルティとなります。

ただし、足場を固めたり、打つときにクラブのソールを砂につけることは許されます(押してはいけない)。